スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

答えは現場にあるか!?





エンペラー?

アオリのエンペラーって、どうしてエンペラーっていうの?



その疑問を解決すべく、明日の有給休暇届けを提出。

シャクリ倒してきます。
スポンサーサイト

条件が悪いのは重々承知・・・


5/26(土)、低気圧通過後できっつい南西風が朝から吹きすさんでいたけど、

「まさか、夕方ぐらいには風も弱くなったりして~」

とか淡い期待を抱きつつ釣り場へ向かった・・・。


キビシイ南西風は、まるで歓迎しているかのように

強さを増していた (゚Д゚;)


「ま、まあ、日が落ちれば風が弱くなるんじゃないの~?」

取りあえず投げてみた。

バビュ~ンと横に飛んでいった (゚Д゚;)


祈りは天に届かず・・・、撤収!

ボンズ (T△T)

モンスターアオリ伝説・パート3


パート1では、自己記録更新の2キロをゲッツ。
初めてアオリを釣って10年近く経っているが、やっと2キロを手にすることが出来た。

パート2では、そのわずか2日後の釣行で幻級(自分の中では)の3キロを「まぐれ」でゲッツ!
浜松から手軽に行ける距離でこのサイズは、そうとうな達成感だ。
もう今シーズンの仕事は終わったなぁ~ってぐらいの満足感。

だがしかし・・・、あ~また行ってしまうのはやっぱり病気か・・・・。
その4日後、またまた現場へと向かう (^∀^;)

今回は所用があったのと心の余裕とで、ゆっくり家を出て、朝9時から開始。
平日なのに堤防は多くの釣り人でにぎわっている。
風も弱く条件も良いので、各所でポツポツ揚がっている。
開始1時間でズドンッとアタリが!!!
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!
ズドンズドンと力強い引きでギュギュ~ンと竿が曲がる。

何か、デカいんじゃないの~!?

ギャフで堤防に揚げると、ありゃ、けっこうデカいよ!
胴長42センチ!キタ━━!

2キロが胴長37センチ、3キロが胴長43センチだったので中間ぐらいかなと思ったら、やっぱり2.5キロだった。

その後、午後2時に800グラムをゲッツ。
その間の4時間というもの、なんとすがすがしい気持ちでシャクれたことか(笑)
目の前をベイトが通過するのを見ても「わ~お魚さんが気持ち良さそうに泳いでる~」みたいな感じに・・・。

次は午後5時に小さいのをゲッツ。
そして夕方、日が落ちたころから周りで次々に竿が曲がった!!
来るぞ来るぞ~と期待どおりにキュキュ~ンと持って行った!
ギュッと合わせると乗った。あっ、外れた・・・。
をっ、乗った。 あっまた外れた・・・。
ムッキ~!
よっしゃ乗った~!
みたいな感じで、お祭り騒ぎだっ!!
まだまだ釣れそうだったが、カミさんが墨をはかないうちに帰ろうと思い終了した。


モンスターアオリ伝説・パート2


「モンスターアオリ伝説・パート1」にて自己記録更新を成し遂げた2日後、またまたシャクりに行ってきた。

納得の獲物を得てもそこが終着点では無いのは、同志(笑)の方なら分かると思うが、2日後にまた現場に行くのは初めてかも(笑)


現場に3:30到着。
すでに堤防には5メートル間隔で人が立っており何とか場所を確保。

その後も釣り人がジャンジャン来て、
自分の横の狭いスペースに無言で入って来た(;´д` )

かなりの人数がシャクっているが、朝の美味しい時間にはあまり揚がって無かった。

自分には全くアタリが無いが、何と、隣にねじ込んで来たお方、500グラムクラスを1時間で2ハイゲッツして満足そうに帰っていった (T△T)

周りを見渡してもあまり揚がっていない。
そんなこんなで5時間が過ぎようやくアタリが!
800グラムゲッツで一安心 ヽ(´▽`)/~♪

まただらだらと時間が過ぎ、となりにヒット。
2キロクラスをゲッツして、満足そうに帰っていった (T△T)

数時間後、となりにヒット。
なんと、またまた2キロオーバー (T△T)

釣り人でごったがえしていた堤防も、あまりのアタリの少なさに、昼頃には数名になっていた。

朝4時から昼12時までシャクり続け、もうろうとしてきたので、そろそろ帰ろうかと思っていたら、近くでポツポツヒットし出した。

こここれは、群れかぁ~~!? (゚Д゚;)

そして自分にもヒット!

キ・キ・キ・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

めちゃめちゃな引きで全然浮いてこない。
これはデカいなぁ。
沖のほうで浮いた!

うを~デカい~!

心臓バクバクもんで寄せ、ギャフをかけようとすると、バビュ~ンと潜る!
よく見るとハリが掛かっている足がちぎれそうになっているではないか!!!(゚Д゚;)
慎重にやりとりして何とか取り込んだ。

堤防にビロ~ンと横たわった巨体はすごい迫力!



その後もシャクったが、興奮がマックスで(笑)続行不能となり帰宅した。

計量したら胴長43センチ、3キロだった。


モンスターアオリ伝説・パート1


アオリがけっこう釣れ出したと聞き、有給休暇釣行。

前日、天気予報をチェックすると、朝9時から雨とのこと。

まあ、雨が降り出す前は出来るでしょうと判断して、釣友Nさんと朝4時ぐらいからシャクリ開始。
風も弱く、絶好のエギング日和!
寝ぼけながらの3投目、
足下まできたエギがススーッと持って行かれた。

キ・キ・キ・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

ムキ~ッと合わせたらプルンッと外れた・・・

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!

気を取り直して数時間後、ススーッと持って行かれ今度はキッチリ針掛かりして何とか1パイをゲッツ。
釣友Nさんもプレッシャーを感じながら無事1パイをゲッツ。

黙々とシャクり、釣友Nさんまたゲッツ!

よしよし群れが来たかと思ってよそ見していたら自分にもススーっとアタリが。
合わせたら強烈なジェット噴射が!!

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!

凄い抵抗、めっちゃドキドキもん!!!
水面に出た。

「ぬをー、デカイ!!!」

ギャフにて無事ランディング。

「ひえー、デカイ~!!!」

間違いなく自己記録更新。

その後、釣友Nさんも同クラスをゲット!!!!
これまたデカい!

2人で3ハイずつ釣って終了した。

帰って重さを計ったら、それまでの自己記録1.6キロを更新する2キロだった。



釣魚紹介:陸っぱり(ルアー)

釣魚紹介:沖(ルアー)


カツオ9.2キロ




駿河湾のカツオ&本マグロ




伊良湖水道のマダイ




伊良湖水道のぶっといタチウオ




赤羽根沖のカンパチ(小)


釣魚紹介:沖(エサ)

釣魚紹介:陸っぱり(エサ)


潮干狩り&小物釣り




メバル&タケノコメバル


メモリアル

| 遠州野郎が釣る!ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。